任意整理 どうしたらいい

任意整理の流れ

任意整理の流れとして、最初に自分の借金度合いを大まかに考えることから始めることになります。

 

しかし、借金が返済能力をはるかに超えてしまっている場合は任意整理をしたところで状況が好転する可能性は極めて薄くなるため、もう少し頑張ればどうにか返済できるくらいの借金レベルに対して望ましい債務整理です。

 

 

最初は借金相談を受けることをおすすめしますが、住んでいる地域でも定期的に法律相談を行っている他、借金問題に強い法律事務所においても無料で借金相談ができるようになっています。

 

相談して任意整理で借金の問題がどうにか解決しそうな場合はそのまま相談に乗ってくれた法律事務所へ申し込む方法がスムーズなので、相談をする前は話しの内容によってはそのまま契約しても良いというところに相談するところをピンポイントに決める必要があります。

 

 

そこで任意整理の契約が無事に終わって債務整理の流れに移行する場合は担当の専門家が直接的にお金を借りている金融機関に対して交渉を行うことになるため、自分が何かをしなければならないということはほとんどありませんが、これまでの借金における明細書などがあると調べる手間が省けるので早く手続きが進みます。

 

債務整理をするとブラックリストに名前が入ることや財産が没収されるなどのデメリットがありますが、任意整理においてはブラックリストに名前が入ってしまうのは避けられない部分になるものの、それ以外の罰則はほとんどありません。